ゴルフ用品を安く買う方法はこちら

ステルスHDドライバーの評価・試打・選び方・スペック|高弾道でつかまりが良い

今回は2022年2月に発売されたステルスHDドライバーを紹介していきます。

ステルスドライバーは3種類を発売。

  • ステルスプラスドライバー:スライド式ウェイトを搭載した低スピン仕様
  • ステルスドライバー:ヘッド後方のバックウェイト周辺を重くすることで低・深重心化
  • ステルスHDドライバー:重量設計をヒール側に設置するドローバイアス設計

ステルスHDドライバーはドローバイアス設計になっているので、他のステルスシリーズよりもつかまった球を打ちやすいモデルとなっています。

重量も一番軽いので振りやすく、パワーがなくてもヘッドスピードが出やすいドライバーです。

結論、球を上げたい・つかまりを良くしたい・スライスを改善したい・ヘッドスピードが遅くなってきた方におすすめのドライバーに仕上がってます。

対象ユーザーとしては初心者~中級者で、ヘッドスピードが35m/s~42m/sぐらいのゴルファーに合うドライバーです。

ステルスHDドライバーのスペック・試打・評価結果を見て参考にしてみてください。

<ステルスHDドライバーの評価>

おすすめ度
 (4.5)
シャフトHS
35m/s~
HS
40m/s~
HS
45m/s~
標準
メリット
  • ドローバイアス設計でつかまりが良い
  • 低・深重心化で寛容性が高い
  • フェース面が広くスイートスポットが広い
  • バックスピン量が多く曲がりにくい
デメリット
  • 構えた時にカーボンフェースの赤色が気になる
  • ヘッドスピードが速いと球が吹き上がる
  • 価格が高い

ステルスHDドライバーのスペック

ステルスHDドライバーの詳細情報

出典:テーラーメイド公式サイト

TENSEI RED
TM50 (’22)
ヘッド体積(㎤<㏄>)460
ライ角(°)56
ロフト角(°)9/10.5/12
長さ(インチ)45.75
フレックスS/SR/R
クラブ重量(g)302/298/295
シャフト重量(g)57/55/52
トルク4.3/4.7/5.0
バランスD3.0/D2.5/D2.0
キックポイント
シャフトHS
35m/s~
HS
40m/s~
HS
45m/s~
標準

ロフトは9度、10.5度が用意されており、カスタムで12度にすることも可能です。

ステルス・プラス・HD共にカチャカチャ機能が付いているのでロフト角、ライ角は自由に変更することできます。

画像はSIM仕様ですがステルスHDも同じでロフト角が±2°、ライ角が+4°、フェース角が±4°変更可能です。

シャフトはTENSEI RED TM50 (’22)のみの用意となっています。

グリップはLamkin Crossline 360 Black/Red CP (径60/42g)が標準設定です。

出典:テーラーメイド公式サイト

ステルスHDドライバーのテクノロジー

出典:テーラーメイド公式サイト

60層のカーボンフェース

大きく変わったのがこの「60層のカーボンフェース」です。

カーボンを使用することでチタンと比べ軽量化に成功。SIMドライバーと比べてフェース面積を20%拡大させることができ、より寛容性が高いドライバーに仕上がっています。

また、エネルギー伝達の向上によりボール初速が高まり、高い飛距離性能を実現しています。

ハイドローバイアス設計

「60層のカーボンフェース」によりヘッドを軽量化し、発生した余剰重量をヒール側に設置することでハイドロ―バイアス設計を実現。

インパクト時にフェースを返しやすくなったことで、よりつかまった球を打ちやすくなっています。

ナノテクスチャーPUカバー

フェース全面にナノレベルの精巧なポリマーコーティング(PU)を施すことにより、最適なスピン量でより遠くに飛ばすことが可能となっています。

イナーシャ ジェネレーター

ヘッド後方に重いウェイトを設置した「イナーシャ ジェネレーター」が寛容性向上を実現しています。

貫通型スピードポケット

テーラーメイド独自の貫通型スピードポケットにより、フェース下部で打っても無駄なスピンを抑えてボール初速を維持できます。

ステルスHDドライバーはスクエアフェースで構えやすい

ステルスHDドライバーはスクエアフェースなので、ターゲットを狙いやすく構えやすいヘッドです。

ドライバーのフェース角度が気になる方は、カチャカチャを利用してクローズ・スクエア・オープンフェースにしましょう。

ステルスHDドライバーの投影面積は大きく安心感がある

ステルスHDドライバーの投影面積は大きく、構えた時に安心感を感じられるヘッドです。

ヘッド上部のフェース側にマット色のラインがあるので、ターゲットに構えやすくなっています。

ステルスHDドライバーの選び方

ロフト角の選び方

ドライバーの標準ロフト角は9度、10.5度が一般的です。

ロフト角9度10.5度
バックスピン量少ない多い
サイドスピン量多い少ない
弾道低い高い
つかまり悪い良い
適正HS速い普通・遅い

9度と10.5度のロフト角の違いによるメリット・デメリットは以下となります。

<ロフト角9度>

メリット
  • バックスピン量が少ない
  • 低弾道
  • 左方向へのミスに強い
デメリット
  • サイドスピンが多くなり曲がり幅が大きくなる
  • つかまりが悪い
  • ヘッドスピードが速くないと球が上がらない

ロフト9度は、ある程度ヘッドスピードがないと使いこなすことは難しいです。

<ロフト角10.5度>

メリット
  • つかまりが良い
  • バックスピン量が多くなりサイトスピン量が減る
  • 左右の曲がり幅が減る
  • 高弾道
  • 右方向へのミスに強い
デメリット
  • ヘッドスピードが速いとバックスピン量が増え球が吹き上がる

ロフト角が大きいほどつかまりが良くやさしいドライバーといえます。

SIMグローレドライバーは11.5度まで用意されているので、自身のヘッドスピードに応じてロフト角を選びましょう。

ヘッドスピード別で分けると以下になります。

HSロフト角
45m/s~9度~10.5度
40m/s~45m/s10.5度~11.5度
35m/s~40m/s11.5度~13度
~35m/s13度~15度

現在のドライバーはカチャカチャでロフト角・ライ角等を調整できるドライバーがほとんどなので、まずは10.5度を試して調整していくのがおすすめです。

クラブ重量の選び方

ゴルフクラブのセッティングで重要になってくるのがクラブの重量フローです。基本的な選び方として以下の表を参考にしてください。

※表のヘッドスピードはドライバーを振った時のヘッドスピードです

推奨HSドライバーFWUTアイアンウェッジ
~35m/s40g~40g~50g60g~75g~75g~85g
35m/s~45g~45g~50g65g~80g~80g~90g
40m/s~50g~50g~60g70g~90g~90g~100g
45m/s~60g~60g~70g80g~100g~100g~110g
50m/s~70g~70g~80g90g~110g~110g~120g

ドライバーが一番軽く、フェアウェイウッド→ユーティリティ→アイアン→ウェッジと重くなるセッティングが理想です。

ステルスHDドライバーのシャフトで選ぶと以下になります。

シャフト硬さ重量対象HS
TENSEI RED
TM50 (’22)
S/SR/R50g台35m/s
~44m/s

クラブの硬さの選び方

クラブの硬さは重量で選ぶと選びやすいです。

  • ヘッドスピード35m/s~:シャフト重量45gに近いシャフトの硬さ
  • ヘッドスピード40m/s~:シャフト重量50gに近いシャフトの硬さ
  • ヘッドスピード45m/s~:シャフト重量60gに近いシャフトの硬さ

まずはカタログスペックのシャフト重量を確認して、シャフトの硬さを選ぶのがおすすめです。

自身のヘッドスピードを計測→重量→硬さを選ぶような流れで決めていきましょう。

ステルスHDドライバーのシャフトで選ぶと以下になります。

HSシャフト硬さ重量
35m/s~TENSEI RED
TM50 (’22)
R52g
40m/s~TENSEI RED
TM50 (’22)
SR/S55g/57g

標準シャフトのR/SR/Sだと数グラムずつしか変わらないので、実際に試打するのがおすすめですが、試打ができない場合は、現在使用しているドライバーの硬さと比較して選びましょう。

トルクの選び方

トルクはクラブの「ねじれ」を意味しており、値が大きいほどねじれやすく、値が小さいほどねじれにくいシャフトとなります。

トルクが大きいクラブはクラブのフェースターンが増えて自然とボールがつかまりやすくなるので、初心者の方やスライスに悩んでいる方におすすめです。

一方、トルクが小さいクラブはフェースターンが少ないので、ドローやスライスなど球筋を打ち分けたい方、ヘッドスピードが速い方などのハードヒッターにおすすめです。

ステルスHDドライバーのシャフトのトルク値で比較すると以下になります。

シャフトトルクHSトップ
のタメ
つかまりフック改善スライス改善操作性
TENSEI RED
TM50 (’22)
4.3/4.7/5.0遅い
普通

TENSEI RED TM50 (’22)はトルク値が大きくつかまりが良いシャフトです。

ヘッドスピードが45m/s以上だとつかまりすぎる可能性があるので注意しましょう。

クラブの調子・バランスについて

シャフトの調子(キックポイント)は大きく分けて先調子・中調子・元調子の3種類あります。

つかまりが良く飛距離が欲しい方は先調子、操作性が欲しい方は元調子、平均的な機能が欲しい方は中調子がおすすめです。

また、スライスに悩んでいる方(右方向へのミス)は先調子ドローに悩んでいる方(左方向へのミス)は元調子といった選び方もあります。

調子キック
ポイント
つかまり飛距離弾道の
高さ
操作性
先調子先端
中調子中央
元調子手元
  • 先調子:インパクト時にヘッドが走るので球がつかまり飛距離が一番でやすく高弾道になりやすい。
  • 中調子:先調子と元調子の中間性能。安定感があり万人向けの万能調子。
  • 元調子:スイングの切り返し時にタメが作りやすく、インパクト時にヘッドのしなりが少ないので操作性が高い。

TENSEI RED TM50 (’22)は中調子で安定感がある万人向けのシャフトといえます。

バランスは、クラブをスイングをした際のヘッドの重さの感じ方を数値化したものです。

C5C4C3C2C1D0D1D2D3D4D5

C5がスイングした時に一番軽く、D5が一番重く感じます。各クラブのバランスがバラバラだと振り心地が異なるので、理想はドライバーからアイアンまで同じバランス値にすることです。

バランスが軽いほど重く感じないのでスイングを速くできる一方、スイングがゆっくりの方はクラブの重さを感じにくいのでスイングしづらくなることもあります。また、軽いと手打ちになりやすい弊害もあるので軽すぎるのも注意が必要です。

ステルスHDドライバーはD2.0~D3.0となっているので、他のステルスよりも軽く振りやすいバランスとなっています。

D0~D1のようにもっと軽くスイングをしたい方は近くのゴルフショップに持ち込むと調整してくれるのでおすすめです。

ステルスシリーズのどれを選ぶ?

ステルスシリーズのドライバーは3種類用意されており、スペック・シャフトから以下のように分けて選ぶことができます。

  • ステルスHDドライバー:初心者向け・ヘッドスピード遅め(35m/s~)・スライス改善・つかまりを良くしたい
  • ステルスドライバー:中級者向け・ヘッドスピード普通(40ms~)・方向性改善・低重心、深重心で寛容性が高い
  • ステルスプラスドライバー:上級者向け・ヘッドスピード速い(43m/s以上)・低スピンで飛ばしたい・ウェイトで球筋調整

重量的にもステルスHDドライバー<ステルスドライバー<ステルスプラスドライバーと重くなっているので、上級者向けになるほどヘッドスピードが速く叩けないと扱いにくいです。

自身のヘッドスピードや体力(体幹や握力等)、ドライバーの悩み(スライス・ドロー・引っ掛け等)からステルスシリーズのドライバーを選ぶのをおすすめします。

ステルスHDドライバーの想定飛距離(HS毎)

ステルスドライバーの想定飛距離が以下の表になります。あくまでも計算上の飛距離なので参考程度にしてください。

自身のドライバー飛距離またはヘッドスピードに合った欄が想定飛距離となります。

※飛距離はキャリー計算となります

HS想定飛距離
HS47m/s260ヤード
HS43m/s240ヤード
HS40m/s220ヤード
HS36m/s200ヤード

ステルスHDドライバー試打結果

試打条件
  • ステルスHDドライバー(ロフト10.5度)
  • TENSEI RED TM50 (’22)(シャフトS)
  • ユピテルのゴルフスイングトレーナー「GST-7BLE」を使用して計測
  • 飛距離はキャリー計算
  • 練習場のレンジボールを使用
  • 打者スペック(身長178cm/78kg/握力右55kg左60kg)

複数試打した平均値の結果となります。

クラブ重量が軽く振りやすいので、必然的にヘッドスピードは上がりますね。

ヘッドスピードが速いとスピン量の影響で球が吹き上がって上がりすぎるので、スピン量が少ないステルスプラスドライバーよりも飛距離は落ちる感じでした。

スピン量が多く入るので、左右のバラつきは少なく方向性は高いです。

弾道もステルスシリーズの中で一番高く上がるので、球が低く悩んでいる方にフィットしますね。

カーボンフェースの赤色がチラッと構えた時に見えて気になりますが、何回か打ってくると慣れるのでそこまで問題はないです。

ドローは打ちやすいですがフェードは打ちにくく、フェードを打とうとしても真っすぐ飛んでしまうことがあったので、操作性は低いですね。

打感は柔らかくチタンとの違いが感じられませんでした。

ステルスHDドライバー評価【4.4/5.0】

飛距離【4.5】

飛距離性能は高く飛びます。

ステルスプラス、ステルスドライバーと比べるとスピン量が入る分落ちますが問題ないですね。

寛容性【4.5】

フェース面が広くなっていることもあり、ミスショットにも強く寛容性は高いです。

寛容性が一番高いと感じたのがステルスドライバーですが、同等のやさしさを感じました。

操作性【3.5】

ドローは打ちやすいですがフェードは打ちにくいですね。

持ち球がドローの方は逆玉が出にくくなるので、イメージ通りの球を打ちやすいです。

構えやすさ【4.5】

赤色のフェースが球に集中させてくれる感じがして構えやすかったです。

カーボンフェースの赤色が気になる方は構えにくいと感じるかもしれません。

つかまり【5.0】

つかまりはステルスの中で一番良いですね。

カチャカチャでロフト角、ライ角をいじると、よりつかまりが良いドライバーに仕上がります。

打感【4.5】

チタンより柔らかく感じ打感は良いです。

ステルスHDドライバーをおすすめしたい方

  • ドライバーのつかまりを良くしたい
  • スライス幅を軽減したい
  • ドライバーの弾道を上げたい

ステルスHDドライバーのまとめ

シャフトHS
35m/s~
HS
40m/s~
HS
45m/s~
標準
メリット
  • ドローバイアス設計でつかまりが良い
  • 低・深重心化で寛容性が高い
  • フェース面が広くスイートスポットが広い
  • バックスピン量が多く曲がりにくい
デメリット
  • 構えた時にカーボンフェースの赤色が気になる
  • ヘッドスピードが速いと球が吹き上がる
  • 価格が高い
おすすめ度
 (4.5)

ヘッドスピードが35m/s~42m/sぐらいのゴルファーにピッタリなのがステルスHDドライバーです。

クラブ重量も軽いので、力がなくても振りやすいドライバーとなってます。

ただし、パワーがある方やヘッドスピードが速い方だと、球が吹き上がったり、左に引っ掛けるミスが多くなるので注意が必要です。

アマチュアゴルファーの平均ヘッドスピードが38m/s~43m/sと言われているので、TENSEI RED TM50 (’22)が合う方のほうが多いですが、ミスが多く出る場合はTour AD UB-6等のカスタマイズシャフトを装着して調整してください。

弾道の高さ・スライス・つかまりに悩んでいるゴルファーの方には是非試してもらいたいドライバーです。

ステルスHDドライバーを使うことで悩みを解決でき、理想的な弾道で飛ばすことができるようになりますよ。

【参考】テーラーメイドの記事一覧

ドライバー

ステルスプラスドライバーSIMドライバー
ステルスドライバーSIMMAXドライバー
ステルスHDドライバーSIMMAX-Dドライバー
SIM2ドライバーSIMグローレドライバー
SIM2MAXドライバーM6ドライバー
SIM2MAX-DドライバーM5ドライバー
300MINIドライバーM4ドライバー

アイアン

ステルスアイアンSIM2MAXアイアン
P790アイアン(2021)SIM2MAXOSアイアン
P770アイアン(2020)SIMMAXアイアン
P7MBアイアンSIMMAXOSアイアン
P7MCアイアンM6アイアン
SIMグローレアイアンM4アイアン