ゴルフ用品を安く買う方法はこちら

最新セッティング情報

2022年9月最新セッティング

  • 【IN】44.75インチドライバー・3W・スリクソンZX5(5I/6I)RTX ZIPCORE(48/52/56)
  • 【OUT】43インチドライバー・3UT・スリクソンZXハイブリッド(5UT/6UT)スマートソール4 TYPE-G・TYPE-S

短いクラブ、ユーティリティ、チッパー、お助けウェッジを使うことで楽にゴルフができることを実感できたので、次はオーソドックスなセッティングに変更。

市販のウッド類は少し長いので、0.5インチずつカットして振りやすさとミート率を向上しています。

ウェッジはZX5のPWから4度刻みのセッティングに。

4度刻みだと飛距離の差が近くなることがあるので、使いつつ飛距離の差が近いウェッジは6度刻みに変更予定です。

番手メーカークラブインチロフトピンへの役割
1WテーラーメイドSIM2 MAX44.7510.5°飛ばす
3WテーラーメイドSIM2 MAX42.515°近くまで飛ばす
5WテーラーメイドSIM2 MAX41.518°近くまで飛ばす
4UTスリクソンZX ハイブリッド39.2522°楽に近づける
5IスリクソンZX53824°楽に近づける
6IスリクソンZX537.528°楽に近づける
7IスリクソンZX53731°楽に狙える
8IスリクソンZX536.535°楽に狙える
9IスリクソンZX53639°楽に狙える
PWスリクソンZX535.544°楽に寄せる
AWクリーブランドRTX ZIPCORE35.548°楽に寄せる
AWクリーブランドRTX ZIPCORE35.37552°楽に寄せる
SW/LWクリーブランドRTX ZIPCORE35.2556°超絶楽に寄せる
PTスコッティキャメロンSPECIAL SELECT ニューポート

2022年7月最新セッティング

  • 【IN】43インチドライバー・3UT・スマートソール4 TYPE-G・TYPE-S
  • 【OUT】3Wウッド

2022年7月の最新セッティングのテーマは「短尺ドライバー」です。

市販ドライバーの標準の長さが約45インチの中、43インチのシャフトを用意して短尺ドライバーを導入しました。

バランスはD2→C0(12ダウン)になったので、軽すぎて手打ちになるかもと思いましたが、実際に打ってみると意外と打ちやすかったです。

ヘッドスピードは落ちますが、ミート率が上がるので大きく飛距離が落ちることはなかったですね。

ドライバーショットに悩んでいる方はぜひ短尺ドライバーを試してみてください。打ちやすいですよ。

短尺ドライバーのメリット
  • シャフトが短いので構えた時から「当たる」イメージが湧く
  • ミート率が上がる
  • バランスが軽くなり振りやすい
  • 直進性が高く強弾道で飛ぶ
  • スライスを改善できる
短尺ドライバーのデメリット
  • ヘッドスピードが落ちる(約1m/s~2m/s)
  • 他のクラブとバランスを合わせるのが難しい
  • 球が上がりにくい
番手メーカークラブインチロフトピンへの役割
1WテーラーメイドSIM2 MAX4310.5°飛ばす
5WテーラーメイドSIM2 MAX4118°近くまで飛ばす
3UTスリクソンZX ハイブリッド39.7519°近くまで飛ばす
4UTスリクソンZX ハイブリッド39.2522°楽に近づける
5UTスリクソンZX ハイブリッド38.7525°楽に近づける
6UTスリクソンZX ハイブリッド38.2528°楽に近づける
7IスリクソンZX53731°楽に狙える
8IスリクソンZX536.535°楽に狙える
9IスリクソンZX53639°楽に狙える
PWスリクソンZX535.544°楽に寄せる
AWスリクソンスマートソール4 TYPE-G35.550°楽に寄せる
SWスリクソンスマートソール4 TYPE-S35.2558°楽に寄せる
CPクリーブランドスマートソール4 TYPE-C3442°超絶楽に寄せる
PTスコッティキャメロンSPECIAL SELECT ニューポート

2022年3月最新セッティング

2022年3月の最新セッティングのテーマは「より簡単にゴルフを楽しむ」です。

寛容性が高いクラブを使うことで、ゴルフを楽しみながらスコアを縮めることを目指します。

番手メーカークラブロフトピンへの役割
1WテーラーメイドSIM2 MAX10.5°飛ばす
3WテーラーメイドSIM2 MAX15°飛ばす
5WテーラーメイドSIM2 MAX18°飛ばす
4UTスリクソンZX ハイブリッド22°楽に近づける
5UTスリクソンZX ハイブリッド25°楽に近づける
6UTスリクソンZX ハイブリッド28°楽に近づける
7IスリクソンZX531°楽に狙える
8IスリクソンZX535°楽に狙える
9IスリクソンZX539°楽に狙える
PWスリクソンZX544°楽に寄せる
AWスリクソンZX550°楽に寄せる
SWスリクソンZX556°楽に寄せる
CPクリーブランドスマートソール4 TYPE-C42°超絶楽に寄せる
PTスコッティキャメロンSPECIAL SELECT ニューポート
  • ドライバー、フェアウェイウッドは飛距離重視
  • ユーティリティは方向性重視で飛びすぎない
  • アイアンはミスへの寛容性がありある程度ロフトが立っている(8割ぐらいのスイングで想定飛距離飛ばすイメージ)
  • ウェッジはソール幅が広く簡単に打てて重量が軽い(9Iからの飛距離間隔を合わせるためセットウェッジ)
  • チッパーはグリーン周りのミスをなくしワンピン以内に寄せる

目標であるピンへの役割毎にクラブセッティングをしています。

ドライバー、フェアウェイウッドはとにかく飛んで距離を稼いでくれることが重要です。方向性も重要ですが、まずはピンへの距離をより縮めてくれるクラブを選びます。

ユーティリティ以降は「飛ばす」よりも簡単でミスへの寛容性が高いクラブを選びます。ドライバー・フェアウェイウッドで距離を稼いだ後は飛ばす必要がないからです。

それよりも多少ミスしても想定した飛距離が出せてピン近くまで持っていけるクラブを選びましょう。

今回のセッティングの一番の特徴は「AW・SW・CP」です。

PW以降、プロが使用している単品ウェッジを選ぶ方が多くいますが、より寛容性が高いセットウェッジをセッティングしてます。

また、セットウェッジだとPW以降の飛距離間隔も合わせやすく、単品ウェッジよりも軽いので、非常に打ちやすいです。使用したことがない方は是非試してみてください。

次にCP(チッパー)です。

チッパーというと抵抗感がある方が多いですが、スコアを縮めるギアとしてこれ以上のギアはないです。

クラブを15本入れることができればチッパーを入れる!と言うプロもいます。

チッパーにはパター型とウェッジ型がありますが、おすすめはウェッジ型です。

パター型だとグリーン周りだけですが、スマートソール4などのウェッジ型はラフからも打てて、30ヤード~50ヤード付近からも打つことが可能です。

また、スマートソール4は見た目がウェッジなので、チッパーの見た目に抵抗感ある方にもおすすめのクラブです。

ラウンド中よくあるシーンが、PAR5の3,4打目、PAR4の2,3打目、PAR3の1打目がグリーンに乗らず前後左右のラフまたは花道のフェアウェイに飛ぶシーンです。

そこからウェッジを使って寄せようとすると、トップしてグリーン奥のバンカーに、ダフって5ヤード10ヤードしか飛ばず1打損、シャンクして違う方向に飛んだりとミスする確率が高くなります。

そんなシーンでこのチッパーがあれば80点90点ぐらいの球を打ててグリーンに乗せることが可能になります。

また、チッパーだと、グリーンに落ちた後パターで打ったような転がりをするので、その次のグリーンのライン読みもしやすいメリットもあります。

2022年3月のクラブセッティングは以上です。是非参考にしてみてください。

著者のスペック

  • 【年齢】34歳
  • 【身長/体重】178cm/78kg
  • 【ゴルフ歴】18年
  • 【ベストスコア】白ティー:73 青ティー:72
  • 【ヘッドスピード】47~48m/s
  • 【持ち球】フェード
  • 【得意クラブ】ユーティリティ