ゴルフ用品を安く買う方法はこちら

ステルスアイアンの評価・試打・選び方・スペック|高弾道で直進性が高い

今回は2022年4月発売のテーラーメイドステルスアイアンの紹介をしていきます。

前作のSIM2MAXアイアンから約1年。初見のイメージは、上から見た顔はほぼ変化なし、バックフェースはシンプルでカッコいい、ロフト角の変更はなさそうという感じでした。

評価が高かったSIM2MAXアイアンからどのように進化したのか、詳しく解析していきます。

結論、初心者からスコア80台半ばの中級者向けにピッタリのアイアンでした。飛び系アイアンですが、飛距離性能よりも寛容性・安定性・直進性が目立つアイアンです。

ステルスのスペック・試打・評価結果を見て参考にしてみてください。

<ステルスアイアンの評価>

おすすめ度
 (4.5)
シャフトHS
35m/s~
HS
40m/s~
HS
45m/s~
TENSEI RED
TM60 (’22)
KBS MAX
MT85 JP
メリット
  • 高弾道で飛ぶ
  • 寛容性が高くスイートスポットが広い
  • ミスショットを助けてくれる
デメリット
  • スピン量が少ない
  • ドロー、フェードと操作するのが難しい

ステルスアイアンのスペック

ステルスアイアンの詳細情報

出典:テーラーメイド公式サイト

TENSEI RED TM60 (’22)TENSEI RED TM60 (’22)KBS MAX MT85 JPKBS MAX MT85 JP
クラブ重量(g)5I359354395393
クラブ重量(g)7I372366407405
シャフト重量(g)6861109109
硬さSRSR
調子先中先中
バランスD0/D2(SW)D0/D2(SW)D2/D4(SW)D2/D4(SW)
トルク2.93.11.81.9
番手5I6I7I8I9IPWAWSW
ロフト角(°)2124283237434954
ライ角(°)6262.56363.56464.564.564.5
長さ(インチ)38.537.87537.2536.7536.2535.7535.535.25
シャフトHS
35m/s~
HS
40m/s~
HS
45m/s~
TENSEI RED
TM60 (’22)
KBS MAX
MT85 JP

ステルスアイアンの7Iのロフト角は28度でロフトが立っている飛び系アイアンです。

前作のSIM2MAXと比べると若干ロフトが立ってます。SIM2MAXOSのぶっ飛び系アイアンと比べるとロフト角は落ち着いて見えますね。

クラブの長さとライ角は変更ないので、前作のSIM2MAXと同じ感覚で打つことができます。

近年、ぶっ飛び系アイアン(7番ロフト角25度前後)が台頭してきたので、28度のロフト角は普通に感じてしまいますね。

モデル3I4I5I6I7I8I9IPWAWSW
P7MB2124273135394347
P7MC20232630343842.547
P790(2021)192123.526.530.5354045
P770(2020)19.522.525.529333741.546
ステルス2124283237434954
SIM2MAX21.52528.532.53843.54954
SIM2MAXOS1922.525.530.535.5414753
SIMMAX1921.52528.532.538434954
SIMMAXOS171922.52630.535.5414753
SIMグローレ21242731.536414754
M61921.52528.5333843.54954
M421.52528.5333843.54954

シャフトはカーボンのTENSEI RED TM60 (’22)、スチールのKBS MAX MT85 JP、2本がラインナップされています。

どちらのメーカーもM6アイアンから採用されており、ヘッドに合ったおすすめのシャフトです。初心者から中級者まで幅広いゴルファーにフィットします。

グリップはラムキンのCrossline 360が標準設定されています。

出典:テーラーメイド公式サイト

ステルスアイアンのテクノロジー

出典:テーラーメイド公式サイト

トウラップテクノロジー

フェースの反発性能を高めるために、フェース裏に「トウラップテクノロジー」を採用。

トウ側の金属を約10g削り取り、「トウラップテクノロジー」により余剰重量を最適化することで、低重心化を実現して寛容性・飛距離・高初速が向上しています。

キャップバッグデザイン

キャップバッグデザインにより、スイートスポットをより最適化。「トウラップテクノロジー」と組み合わせることでより寛容性とボール初速が向上しています。

エコーダンピングシステム

ヒールからトウ側のヘッド内部全体に「エコーダンピングシステム」を搭載。

インパクト時の衝撃を吸収して、よりフォージドアイアンのような打感を実現しています。

貫通型スピードポケット

テーラーメイドといったらこの貫通型スピードポケット。貫通型スピードポケットによりフェース下部の反発力を増やすことができます。

ステルスアイアンは中空アイアン

中空アイアンは日本発祥の形状です。

中空アイアンはヘッド内部に空洞を作り、中に打感を良くする充填材や飛距離と寛容性を高めるウェイトを入れたアイアンです。

他の形状と比べ最新の技術が多く搭載されているので、比較的値段が高くなるのがデメリットですが、打ちやすさ・寛容性・弾道が高い形状となっています。

中空の技術向上により、高性能なアイアンを作ることが可能になってきたため、初心者~中級者はもちろん、上級者の方にも人気の形状です。

ステルスアイアンはソール幅が広くやさしい

ソール幅寛容性ダフリ抜け
狭い
少し広い
広い

ステルスアイアンのソール幅は広いので、ダフリやトップ等のミスショットに強く、飛距離性能が高いです。

スイートスポットも広くボールも上がりやすいので、初心者~中級者の方におすすめの形状となっています。

ステルスアイアンはトップブレードが厚くミスに強い

トップブレード寛容性操作性構えやすさ
薄い
少し厚い
厚い

ステルスアイアンのトップブレードは厚いので、構えた時に安心感がありやさしく感じられます。

飛距離性能と直進性が高く、打点が少しズレても安定した弾道で飛んでくれるので寛容性が高いです。

ステルスアイアンはグースネックで直進性が高い

ネックつかまり直進性操作性
ストレート
グース
フェース
プログレッション
つかまり操作性弾道の高さ
大きい
小さい
  • フェースプログレッション:シャフトの中心線からクラブのリーディングエッジまでの長さ

ステルスアイアンはグースネックでフェースプログレッションも小さいので、つかまりが良いアイアンとなっています。

つかまりが良いので、スライス改善にもなり直進性が高いです。

ストレートネックと比べ操作性は劣りますが、高弾道で直進性の高いボールを打つことができます。

ステルスアイアンの選び方

クラブ重量の選び方

ゴルフクラブのセッティングで重要になってくるのがクラブの重量フローです。基本的な選び方として以下の表を参考にしてください。

※表のヘッドスピードはドライバーを振った時のヘッドスピードです

推奨HSドライバーFWUTアイアンウェッジ
~35m/s40g~40g~50g60g~75g~75g~85g
35m/s~45g~45g~50g65g~80g~80g~90g
40m/s~50g~50g~60g70g~90g~90g~100g
45m/s~60g~60g~70g80g~100g~100g~110g
50m/s~70g~70g~80g90g~110g~110g~120g

ドライバーが一番軽く、フェアウェイウッド→ユーティリティ→アイアン→ウェッジと重くなるセッティングが理想です。

ステルスアイアンで採用されている2本のシャフトで比較すると以下になります。

シャフト硬さ重量対象HS
TENSEI RED
TM60 (’22)
S/R60g台35m/s
~40m/s
KBS MAX
MT85 JP
S/R100g台40m/s~

ヘッドスピードが遅くなってきた方にはカーボンシャフトのTENSEI RED TM60 (’22)、平均的な男性ゴルファーにはスチールシャフトのKBS MAX MT85 JPがおすすめです。

クラブの硬さの選び方

クラブの硬さは重量で選ぶと選びやすいです。

  • HS35m/s~:シャフト重量80gに近いシャフトの硬さ
  • HS40m/s~:シャフト重量90gに近いシャフトの硬さ
  • HS45m/s~:シャフト重量100gに近いシャフトの硬さ
  • HS50m/s~:シャフト重量110gに近いシャフトの硬さ

まずはカタログスペックのシャフト重量を確認して、シャフトの硬さを選ぶのがおすすめです。

自身のヘッドスピードを計測→重量→硬さを選ぶような流れで決めていきましょう。

ステルスアイアンのシャフトで選ぶと以下になります。

HSシャフト硬さ重量
35m/s~TENSEI RED
TM60 (’22)
S/R61g/68g
40m/s~KBS MAX
MT85 JP
S/R109g
45m/s~KBS MAX
MT85 JP
S/R109g

ステルスアイアンのKBS MAX MT85 JPはSとRで重量が同じなので難しいです。

このような場合は試打をして感触を確かめるのが一番ですが、試打が面倒くさい方は現在使用しているアイアンのシャフトの硬さ・トルクを調べて選ぶのもありです。

トルクの選び方

トルクはクラブの「ねじれ」を意味しており、値が大きいほどねじれやすく、値が小さいほどねじれにくいシャフトとなります。

トルクが大きいクラブはクラブのフェースターンが増えて自然とボールがつかまりやすくなるので、初心者の方やスライスに悩んでいる方におすすめです。

一方、トルクが小さいクラブはフェースターンが少ないので、ドローやスライスなど球筋を打ち分けたい方、ヘッドスピードが速い方などのハードヒッターにおすすめです。

P790アイアンのトルク値で比較すると以下になります。

シャフトトルクHSトップ
のタメ
つかまりフック改善スライス改善操作性
TENSEI RED
TM60 (’22)
2.9/3.1遅い
KBS MAX
MT85 JP
1.8/1.9普通
速い

※トルク値:1.5~1.9(小) 2.0~2.5(中) トルク2.5~(大)

クラブの調子・バランスについて

シャフトの調子(キックポイント)は大きく分けて先調子・中調子・元調子の3種類あります。

つかまりが良く飛距離が欲しい方は先調子、操作性が欲しい方は元調子、平均的な機能が欲しい方は中調子がおすすめです。

また、スライスに悩んでいる方(右方向へのミス)は先調子ドローに悩んでいる方(左方向へのミス)は元調子といった選び方もあります。

調子キック
ポイント
つかまり飛距離弾道の
高さ
操作性
先調子先端
中調子中央
元調子手元
  • 先調子:インパクト時にヘッドが走るので球がつかまり飛距離が一番でやすく高弾道になりやすい。
  • 中調子:先調子と元調子の中間性能。安定感があり万人向けの万能調子。
  • 元調子:スイングの切り返し時にタメが作りやすく、インパクト時にヘッドのしなりが少ないので操作性が高い。

TENSEI RED TM60 (’22)は中調子、KBS MAX MT85 JPは先中調子となっているので、比較的つかまりが良く高弾道になりやすいといえます。

バランスは、クラブをスイングをした際のヘッドの重さの感じ方を数値化したものです。

C5C4C3C2C1D0D1D2D3D4D5

C5がスイングした時に一番軽く、D5が一番重く感じます。各クラブのバランスがバラバラだと振り心地が異なるので、理想はドライバーからアイアンまで同じバランス値にすることです。

バランスが軽いほど重く感じないのでスイングを速くできる一方、スイングがゆっくりの方はクラブの重さを感じにくいのでスイングしづらくなることもあります。また、軽いと手打ちになりやすい弊害もあるので軽すぎるのも注意が必要です。

市販で販売されているクラブはD0~D5までが多いので、もっと振り心地を軽くしたい場合は鉛やグリップを重くしたりすることで調整しましょう。バランスを正確に調整したい時は近くのゴルフショップに持ち込むと調整してくれるのでおすすめです。

ステルスアイアンの想定飛距離(HS毎)

ステルスアイアンのロフト角から算出した想定飛距離が以下の表になります。あくまでも計算上の飛距離なので参考程度にしてください。

自身のドライバー飛距離またはヘッドスピードに合った欄が想定飛距離となります。

※飛距離はキャリー計算となります

番手5I6I7I8I9IPWAWSW
ロフト角2124283237434954
260ヤード
HS47m/s
199y190y178y166y151y131y115y100y
240ヤード
HS43m/s
185y177y166y154y139y121y103y88y
220ヤード
HS40m/s
173y165y154y142y127y109y91y76y
200ヤード
HS36m/s
160y152y142y130y115y97y79y64y

ステルスアイアンの試打結果

試打条件
  • 7番アイアン(ロフト28度)
  • TENSEI RED TM60 (’22)(シャフトS)
  • ユピテルのゴルフスイングトレーナー「GST-7BLE」を使用して計測
  • 飛距離はキャリー計算
  • 練習場のレンジボールを使用
  • 打者スペック(身長178cm/78kg/握力右55kg左60kg)

複数試打した平均値の結果となります。

ユピテルのデータで平均180ヤード以上飛んでいたので飛距離性能は十分です。

ヘッドも大きくスイートスポットが広いので、打点がズレても安定した飛距離を維持していました。

直進性が高いのでほぼ真っすぐの球筋です。ドロー、フェースと球筋を操作するのは難しかったです。

スピン量が入りにくいと言われる飛び系アイアンですが、ステルスアイアンは弾道が高いので高さでフェアウェイに止めることができます。

ステルスアイアンの評価【4.2/5.0】

飛距離【4.8】

7番アイアンのロフト角が28度なので飛びますが、ロフト角以上に飛ぶ!といったイメージはないです。

飛距離性能よりも寛容性、直進性が高いアイアンといえます。

寛容性【4.8】

スイートスポットが広く打点がずれても安定した弾道で飛んでくれます。SIM2MAXとほぼ同じ寛容性です。

フェースも大きくソール幅も広く設定されているので、ミスに強いやさしいアイアンとなっています。

操作性【3.0】

ボールをドロー、フェードと打ち分けるのは難しかったです。ステルスアイアンは真っすぐ高弾道で飛ばすのが得意なアイアンです。

構えやすさ【4.0】

ヘッドサイズは大きめでトップブレードも厚めなので安心感があり構えやすいです。

ただヘッドが大きい分、ボールを操作するイメージはしにくいです。

つかまり【4.5】

適度にオフセットが設けられている(グースネック)のでつかまりは良いです。

寛容性・直進性・つかまりを重視しているデザイン・顔となってます。

打感【4.2】

ボールを弾く感じはありますが、「エコーダンピングシステム」のおかげか、バシバシ弾いてる感はなかったです。

ただ打感にこだわっている方が打つと納得はできないかもしれません。

SIM2MAXアイアンよりも打感が柔らかく向上している感じでした。

おすすめしたいゴルファー

  • これからゴルフを始める初心者ゴルファー
  • ミスに強い簡単なアイアンが欲しい
  • 飛距離・直進性・寛容性・高弾道が揃ったアイアンが欲しい

ステルスアイアンを入れたセッティング例

番手1W3W5W7W/4U5I6I7I8I9IPWAWAWSW
ロフト角10.5151821/22212428323743495458
  • ドライバー:ステルス HD
  • フェアウェイウッド(3W・5W・7W):ステルス
  • ユーティリティ(4U):ステルス
  • アイアン(5I~AW):ステルス
  • ウエッジ(58):ミルドグラインド3 or ハイ・トウ ロウ ウェッジ

1W・3W・5W・5I~AW・58はスターティングメンバ―で、7W・4Uはその日のコンディション、または得意・不得意で構成変更するようなセッティング例です。

7W、4U、5Iはほぼ同じロフト角ですが、シャフトの長さ、ヘッドの大きさ、低重化により、7W、4Uのほうが飛びます。

5Wから5Iだと飛距離が空きすぎてしますので、飛距離の間隔を合わせるために7W、4Uを入れるのがおすすめです。

ステルスアイアンはウェッジまで販売しています。セットウェッジは単品ウェッジよりもやさしいのでおすすめです。

ロブショットやバンカーショット用に58度の単品ウェッジを追加してますが、54度のセットウェッジで十分事足りるので必須ではありません。

ステルスアイアンのまとめ

シャフトHS
35m/s~
HS
40m/s~
HS
45m/s~
TENSEI RED
TM60 (’22)
KBS MAX
MT85 JP
メリット
  • 高弾道で飛ぶ
  • 寛容性が高くスイートスポットが広い
  • ミスショットを助けてくれる
デメリット
  • スピン量が少ない
  • ドロー、フェードと操作するのが難しい
おすすめ度
 (4.5)

テーラーメイドの飛び系アイアンは本当におすすめです。

ステルスアイアンは寛容性が高いアイアンなので、実際のラウンド中に何度も助けてくれます。

飛び系アイアン特有の飛びすぎてしまうところはありますが、それ以上にこのステルスアイアンは出来が良くスコアを良くしてくれるはずです。

特に初心者の方や中級者の方にとって助かる機能が盛りだくさんなので、是非試してもらいたいです。

【参考】テーラーメイドの記事一覧

ドライバー

ステルスプラスドライバーSIMドライバー
ステルスドライバーSIMMAXドライバー
ステルスHDドライバーSIMMAX-Dドライバー
SIM2ドライバーSIMグローレドライバー
SIM2MAXドライバーM6ドライバー
SIM2MAX-DドライバーM5ドライバー
300MINIドライバーM4ドライバー

アイアン

ステルスアイアンSIM2MAXアイアン
P790アイアン(2021)SIM2MAXOSアイアン
P770アイアン(2020)SIMMAXアイアン
P7MBアイアンSIMMAXOSアイアン
P7MCアイアンM6アイアン
SIMグローレアイアンM4アイアン