ゴルフ用品を安く買う方法はこちら

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドの評価・試打・選び方・スペック|つかまりが良くスライス軽減

今回は2021年2月に発売されたSIM2MAX-Dフェアウェイウッドを紹介していきます。

前作のSIMシリーズと同じ3モデルで発売です。

  • SIM2フェアウェイウッド:80gのウェイトをソールに配置して従来よりも低・深重心設計にすることで、飛距離、高弾道、低スピンを実現。
  • SIM2MAXフェアウェイウッド:進化したVスチールソールにより抜けの良さと低重心を加え、ヘッド体積を大型化することで、寛容性、飛距離、高弾道、抵スピンを実現。
  • SIM2MAX-Dフェアウェイウッド:SIM2MAXよりも大型のヘッドにより寛容性、飛距離、高弾道、抵スピンを実現。ヒール側に重量を搭載したドローバイアス設計でつかまりの良いフェアウェイウッドに。

SIM2MAX-DフェアウェイウッドはSIM2MAXよりも大型ヘッドで、3モデルの中で唯一ドローバイアス設計のフェアウェイウッドです。

結論、つかまりが良くヘッドを返しやすいので、ゴルフ初心者の方の悩みに多いスライスのミスを軽減してくれるお助けフェアウェイウッドとなっています。

初心者~中級者の方にフィットする方が多いフェアウェイウッドですね。

標準シャフトのみの用意となっているので、ヘッドスピードが速い方(45m/s以上)や球筋を柔軟に操りたい方はリシャフト推奨です。

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドのスペック・試打・評価結果を見て参考にしてみてください。

<SIM2MAX-Dフェアウェイウッドの評価>

おすすめ度
 (4.5)
シャフトHS
35m/s~
HS
40m/s~
HS
45m/s~
標準
メリット
  • ヘッドが大きめで構えた時に安心感がある
  • V字ソールで振り抜きが良い
  • つかまりが良く高弾道で打てる
  • ドローバイアス設計でスライスを抑制してくれる
デメリット
  • ヘッドスピードが速い(45m/s以上)とスピン量が多くなる
  • カスタムシャフトが用意されていない

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドのスペック

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドの詳細情報

出典:テーラーメイド公式サイト

TENSEI BLUE
TM50 (’21)
ロフト角(°)16(3W)/19(5W)/22(7W)
ライ角(°)57/57.5/58
ヘッド体積(㎤<㏄>)195/165/165
長さ(インチ)43.25/42.25/41.75
フレックスS/SR/R
クラブ重量(g)312/310/308
シャフト重量(g)51/49/47
トルク4.4/4.8/5.0
バランスD1/D1/D1
キックポイント
シャフトHS
35m/s~
HS
40m/s~
HS
45m/s~
標準

一般的なロフト角よりもプラス1度された、3W=16度、5W=19度、7W=22度で用意されています。

SIM2フェアウェイウッドと異なり、SIM2MAX-Dフェアウェイウッドにはカチャカチャ機能が付いていないので、ロフト角やライ角、フェース角を変更することができません。

後から変更したい場合はSIM2フェアウェイウッドを選びましょう。

シャフトはTENSEI BLUE TM50 (’21)のみで、カスタムシャフトは用意されていません。

グリップはLamkin Crossline 360 Blackが標準設定です。

出典:テーラーメイド公式サイト

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドのテクノロジー

出典:テーラーメイド公式サイト

低重心のVスチールソール

低重心を維持した重心設計でより寛容性が向上。ヒール側の配置を低くしてソール面積を最小限にすることで、クラブの振り抜きの良さが上がっています。

C300マレージング鋼 ツイストフェース

ツイストフェースにより球の曲がりを低減するテクノロジーを搭載し、強高度のC300マレージング鋼により、寛容性と高い直進性を実現。

ドローバイアス設計

ヒール側に重量を搭載することで、つかまりが良いドローバイアス設計を実現。

貫通型スピードポケット

テーラーメイド独自の貫通型スピードポケットにより、フェース下部で打っても無駄なスピンを抑えてボール初速を維持。

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドはスクエアフェース

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドはスクエアフェースなので、フック、オープンフェースと比べて素直に構えやすい顔になっています。

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドのソールは抜け感重視

SIM2MAX-DフェアウェイウッドのソールはVソール形状となっており、他の形状よりも抜け感が良く、振りやすいフェアウェイウッドです。

フェアウェイはもちろん、ラフからのショットでも振り抜きやすいようになっています。

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドの選び方

ロフト角の選び方

フェアウェイウッドの一般的なロフト角は3度刻みの、3W(15度)・5W(18度)・7W(21度)・9W(24度)となっています。

番手3W5W7W9W
ロフト角15度18度21度24度
長さ(インチ)43424140
難易度難しい普通やさしいやさしい
ミート率低い普通高い高い
弾道低い普通高い高い
難易度難しい普通やさしいやさしい

ドライバーの次に長いクラブとなる3番ウッドが一番難しく、ヘッドスピードが速くスイングが安定していないと使いこなすのが難しいです。

ゴルフ初心者の方やスイングが安定していないアマチュアゴルファーの方は、まずは5番ウッドを選ぶのがおすすめ。

5番ウッドは3番ウッドより短くミート率が上がるので、3番ウッドと同じくらい飛んでくれます。

ヘッドスピードが速く3番ウッドもきれいにミートできるようスイングが安定してきたら、3番ウッドを選択肢に入れましょう。

7番・9番ウッドはウッド型ユーティリティ、アイアン型ユーティリティ、ロングアイアンと飛距離が被ってくるので、自分が得意なクラブでセッティングするのがおすすめです。

クラブ重量の選び方

ゴルフクラブのセッティングで重要になってくるのがクラブの重量フローです。基本的な選び方として以下の表を参考にしてください。

※表のヘッドスピードはドライバーを振った時のヘッドスピードです

推奨HSドライバーFWUTアイアンウェッジ
~35m/s40g~40g~50g60g~75g~75g~85g
35m/s~45g~45g~50g65g~80g~80g~90g
40m/s~50g~50g~60g70g~90g~90g~100g
45m/s~60g~60g~70g80g~100g~100g~110g
50m/s~70g~70g~80g90g~110g~110g~120g

ドライバーが一番軽く、フェアウェイウッド→ユーティリティ→アイアン→ウェッジと重くなるセッティングが理想です。

SIM2MAXフェアウェイウッドのシャフトで選ぶと以下になります。

シャフト硬さ重量対象HS
TENSEI BLUE
TM50 (’21)
R/SR/S40g
~50g台
35m/s
~44m/s

クラブの硬さの選び方

クラブの硬さは重量で選ぶと選びやすいです。

  • HS35m/s~:シャフト重量45g~50gに近いシャフトの硬さ
  • HS40m/s~:シャフト重量50g~60gに近いシャフトの硬さ
  • HS45m/s~:シャフト重量60g~70gに近いシャフトの硬さ

まずはカタログスペックのシャフト重量を確認して、シャフトの硬さを選ぶのがおすすめです。

自身のヘッドスピードを計測→重量→硬さを選ぶような流れで決めていきましょう。

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドのシャフトで選ぶと以下になります。

HSシャフト硬さ重量
35m/s~TENSEI BLUE
TM50 (’21)
R/SR47g/49g
40m/s~TENSEI BLUE
TM50 (’21)
S51g

カスタムシャフトは全て60g台となっているので、ある程度力がありヘッドスピードが速くないと扱いづらいです。

アマチュアゴルファーの平均値(38m/s~43m/s)の方は、TENSEI BLUE TM50 (’21)シャフトを選ぶのがおすすめ。

トルクの選び方

トルクはクラブの「ねじれ」を意味しており、値が大きいほどねじれやすく、値が小さいほどねじれにくいシャフトとなります。

トルクが大きいクラブはクラブのフェースターンが増えて自然とボールがつかまりやすくなるので、初心者の方やスライスに悩んでいる方におすすめです。

一方、トルクが小さいクラブはフェースターンが少ないので、ドローやスライスなど球筋を打ち分けたい方、ヘッドスピードが速い方などのハードヒッターにおすすめです。

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドのシャフトのトルク値で比較すると以下になります。

シャフトトルクHSトップ
のタメ
つかまりフック改善スライス改善操作性
TENSEI BLUE
TM50 (’21)
4.4/4.8/5.0遅い
普通

※トルク値:3.0~3.4(小) 3.5~3.9(中) トルク4.0~(大)

クラブの調子・バランスについて

シャフトの調子(キックポイント)は大きく分けて先調子・中調子・元調子の3種類あります。

つかまりが良く飛距離が欲しい方は先調子、操作性が欲しい方は元調子、平均的な機能が欲しい方は中調子がおすすめです。

また、スライスに悩んでいる方(右方向へのミス)は先調子、ドローに悩んでいる方(左方向へのミス)は元調子といった選び方もあります。

調子キック
ポイント
つかまり飛距離弾道の
高さ
操作性
先調子先端
中調子中央
元調子手元
  • 先調子:インパクト時にヘッドが走るので球がつかまり飛距離が一番でやすく高弾道になりやすい。
  • 中調子:先調子と元調子の中間性能。安定感があり万人向けの万能調子。
  • 元調子:スイングの切り返し時にタメが作りやすく、インパクト時にヘッドのしなりが少ないので操作性が高い。

TENSEI BLUE TM50 (’21)、Tour AD HD-6は中調子なので安定感がある万人向けのシャフト。

バランスは、クラブをスイングをした際のヘッドの重さの感じ方を数値化したものです。

C5C4C3C2C1D0D1D2D3D4D5

C5がスイングした時に一番軽く、D5が一番重く感じます。各クラブのバランスがバラバラだと振り心地が異なるので、理想はドライバーからアイアンまで同じバランス値にすることです。

バランスが軽いほど重く感じないのでスイングを速くできる一方、スイングがゆっくりの方はクラブの重さを感じにくいのでスイングしづらくなることもあります。また、軽いと手打ちになりやすい弊害もあるので軽すぎるのも注意が必要です。

SIM2MAX-DフェアウェイウッドはD1となっているので、標準的なバランスよりも軽く振ることができます。

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドは何本必要?

フェアウェイウッドが得意であれば入れよう

昔はフェアウェイウッドが当たり前のようにセッティングされていましたが、ユーティリティが増えてきた現在、絶対に必要なクラブではないです。

ゴルフは再現性のスポーツなので、構えた時から打てなさそうなクラブや不得意なクラブはセッティングすべきではないと考えます。

「フェアウェイウッドはやさしい」は正しいですが、ゴルファー全員に合うかというとNOです。

フェアウェイウッドが得意であれば入れて、得意じゃなければ代替となるウッド型ユーティリティやアイアン型ユーティリティをセッティングしましょう。

得意なクラブフェアウェイウッドウッド型
ユーティリティ
アイアン型
ユーティリティ
3W(15°)240y
5W(18°)
3UT(19°)
225y215y215y
7W(21°)
4UT(22°)
210y200y200y
9W(24°)
5UT(25°)
195y185y185y

※ヘッドスピード約47m/s程度で飛距離を計算

3Wのように飛ぶユーティリティはカスタムしない限りないので代替することはできませんが、それ以外の飛距離はある程度カバーすることが可能です。

自分が得意なクラブを中心にセッティングすることがスコアアップの近道だと考えます。

フェアウェイウッドが得意であれば、3W・5W・7W・9Wとセッティングに入れるのがおすすめですね。

フェアウェイウッドとユーティリティの違い

フェアウェイウッドとユーティリティの大きな違いは、ヘッド体積・クラブの長さ(インチ)・弾道の高さです。

フェアウェイウッドの7番(21度)で比較した結果が以下になります。

クラブの種類フェアウェイウッドウッド型
ユーティリティ
アイアン型
ユーティリティ
ロフト(°)212222
ヘッド体積(cc)15010050
長さ(インチ)4139.539.5
飛距離210y200y200y
寛容性高い普通低い
ミート率
弾道の高さ高い普通低い
風の影響受けやすい普通受けにくい
ランの出方出にくい普通出やすい

※ヘッドスピード約47m/s程度で飛距離を計算

フェアウェイウッドはヘッド体積が大きくシャフトも長いので、高弾道で飛びます。ただし、シャフトが長い分ミート率がユーティリティよりも低いです。

シャフトを短く持てば同じミート率になるので、フェアウェイウッドをより使いやすくなりますね。

ウッド型・アイアン型ユーティリティは体積が小さいので、フェアウェイウッドに比べて弾道の高さは出にくいです。

シャフトが短いのでミート率が高く、フェアウェイウッドよりも扱いやすいクラブといえます。

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドの想定飛距離(HS毎)

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドの想定飛距離が以下の表になります。あくまでも計算上の飛距離なので参考程度にしてください。

自身のヘッドスピードに合った欄が想定飛距離となります。

※飛距離はキャリー計算となります

HS3W5W7W9W
HS47m/s240y225y210y195y
HS43m/s220y205y190y175y
HS40m/s205y190y175y160y
HS36m/s185y170y155y140y

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドの試打結果

試打条件
  • SIM2MAX-Dフェアウェイウッド(ロフト19度)
  • TENSEI BLUE TM50 (’21)(シャフトS)
  • ユピテルのゴルフスイングトレーナー「GST-7BLE」を使用して計測
  • 飛距離はキャリー計算
  • 練習場のレンジボールを使用
  • 打者スペック(身長178cm/78kg/握力右55kg左60kg)

SIM2シリーズの3モデルは全て飛距離が高いですね。

その中でもSIM2MAX-Dフェアウェイウッドはつかまりが良く、弾道の高さが一番出ていました。

ヘッドが大きくスイートスポットも広いので、打点がズレても飛距離、左右へのミスの幅が少なく、寛容性が高いフェアウェイウッドとなっています。

球筋の操作も問題ないレベルですが、やはりドローボールのほうが打ちやすいですね。

スライスする幅が狭いので、ドライバーで右方向へのミスが多い方はSIM2MAX-Dフェアウェイウッドがおすすめです。

ヘッドスピードが速い方が打つと標準シャフトだとつかまりすぎるので、リシャフトして調整したほうが性能を発揮しやすいですね。

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドの評価【4.3/5.0】

飛距離【4.5】

飛距離性能は高く、バラツキなく安定して飛んでくれます。

寛容性【4.5】

打点がズレた時の飛距離・方向性・弾道の高さに問題なく、寛容性が高いです。

操作性【4.0】

操作性は問題なしです。ドロー・フェードと打ち分けることができます。

フェードよりもドローボールのほうが打ちやすいですね。

構えやすさ【4.0】

ヘッド上部の白いラインがターゲット方向に合わせやすく構えやすいです。

ヘッドも大きすぎることなく、安心感を持って構えることができます。

つかまり【5.0】

つかまりは良すぎるぐらい良いです。

つかまりに悩んでいる方はSIM2MAX-Dフェアウェイウッドを試しましょう。

打感【4.0】

打感は柔らかく振ってて気持ちいいです。

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドをおすすめしたい方

  • 右方向へのミスをなくしたい方
  • つかまりの良さを重視したい方
  • 直進性が高く高弾道で飛ばしたい方
  • ミスショットに強く寛容性を重視したい方
  • あらゆるライからの振り抜きを重視したい方

SIM2MAX-Dフェアウェイウッドのまとめ

シャフトHS
35m/s~
HS
40m/s~
HS
45m/s~
標準
メリット
  • ヘッドが大きめで構えた時に安心感がある
  • V字ソールで振り抜きが良い
  • つかまりが良く高弾道で打てる
  • ドローバイアス設計でスライスを抑制してくれる
デメリット
  • ヘッドスピードが速い(45m/s以上)とスピン量が多くなる
  • カスタムシャフトが用意されていない
おすすめ度
 (4.5)

SIM2MAXと甲乙つけがたいほど、SIM2MAX-Dフェアウェイウッドの出来もいいです。

つかまりとスライス軽減を重視したい方はSIM2MAX-Dフェアウェイウッドがおすすめですね。

ただし、ヘッドスピードが45m/s以上の方は標準シャフトだとつかまりすぎるので、リシャフトして調整しましょう。

アマチュアゴルファーの平均ヘッドスピード(38m/s~43m/s)の方は、標準シャフトでもSIM2MAX-Dフェアウェイウッドのメリットを体感できるはずです。

フェアウェイウッドの当たりの薄さとスライスに悩んでいる方は、ぜひSIM2MAX-Dフェアウェイウッドを試してみてください。

つかまりの良さとスライス幅の狭さに驚きますよ。

【参考】テーラーメイドの記事一覧

ドライバー

ステルスプラスドライバーSIMドライバー
ステルスドライバーSIMMAXドライバー
ステルスHDドライバーSIMMAX-Dドライバー
SIM2ドライバーSIMグローレドライバー
SIM2MAXドライバーM6ドライバー
SIM2MAX-DドライバーM5ドライバー
300MINIドライバーM4ドライバー

アイアン

ステルスアイアンSIM2MAXアイアン
P790アイアン(2021)SIM2MAXOSアイアン
P770アイアン(2020)SIMMAXアイアン
P7MBアイアンSIMMAXOSアイアン
P7MCアイアンM6アイアン
SIMグローレアイアンM4アイアン